組合事業概要

木材委託乾燥・仕上げ加工

木材乾燥処理能力
25m3×2基(50m3

乾燥方法(蒸気式乾燥法)

高周波乾燥法
用途:主にスギの柱材、梁材

蒸気加熱と高周波加熱の複合乾燥により、蒸気乾燥に比べ、
短時間で仕上がり品質のよい乾燥材生産ができる。

高温乾燥法
用途:スギ構造材・造作材

水の沸点100℃以上で乾燥することにより、急速に材内の水分を
蒸発させることで、特にスギ等の心持ち材の乾燥に有効。

中温乾燥法
用途:スギ等板類や間柱

温度約50〜80℃により、材色を重視した内装材や背割りをした
ヒノキ、スギの柱材乾燥、並びに他の多くの樹種や材種に適用。

仕上加工(高次加工)

乾燥搬入時は、水分蒸発での収縮を見込み、仕上寸法に比しオーバーサイズで
製材されている。乾燥後での仕上寸法加工設備。

6軸モルダー
打撃式グレーディング装置、マイクロ波式水分計、インクジェットプリンター付
もどる